ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2012年07月18日 16時05分
キリスト役を務める渡部豪太
舞台ポスター

渡部豪太、キリスト役で舞台単独初主演 完成された“肉体美”も披露

 俳優の渡部豪太が、9月に上演される舞台『コーパス・クリスティ 聖骸(せいがい)』で、主役のイエス・キリストを務めることがわかった。昨年の舞台『ピンクスパイダー』で俳優・武田真治とダブル主演した渡部だが、単独の舞台主演は初。日本初上陸となるキリストの受難劇に挑む渡部は「この芝居の顔として、同時に歯車の1つとして参加できる事に大きく興奮しつつ、新しい自分の一面が見れそうな期待もしています」と早くも心躍らせている。

 同舞台は、米脚本家のテレンス・マクナリーが1998年に発表した内容を現代版に置き換え描いたもので、新約聖書に伝えられる「受難の日」を迎えるまでの説話を、13人の俳優が劇中劇として演じる。使徒らを取り巻くホモフォビック(同性愛嫌悪的)な社会がキリストの受難とパラレルに描かれるセンセーショナルな作風となっており、当時のアメリカでは信者らが同作の上演中止を求めるデモを展開するなど、大きな波紋を呼んだ。

 渡部のほか、窪塚俊介や松田洋治など個性派俳優も出演。渡部は「“体育会系”は自分のフィールドなのでドンと来いといった感じです」と男だらけの現場にも動じず、「誰もが聞いたことのある話ですが、全く新しい色を持ち、皆さまの目に届くことになるでしょう」とアピール。演出を務める青井陽治氏は「歴史上もっとも有名な人物の“ありえないヴァージョン”の人生を生きる。渡部くんは、すごいエネルギーでそれに立ち向かおうとしています。節電の夏に大変な稽古場になりそうです」と、渡部が起こす科学反応に期待を込めた。

 舞台『コーパス・クリスティ 聖骸(せいがい)』は9月6日(木)より東京・青山円形劇場にて上演。このほど公開されたポスターでは、キリスト扮する渡部の妖艶な肉体美が披露されている。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。