ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2012年07月02日 17時10分
主役・ドロシー役に決定したAKB48・増田有華と演出家の宮本亜門 (C)ORICON DD inc.
見事主役の座を勝ち取り涙 (C)ORICON DD inc.
オーディションの模様 (C)ORICON DD inc.

AKB増田有華、宮本亜門演出作の主役に決定

 人気アイドルグループAKB48増田有華(20)が、演出家・宮本亜門が手がけるミュージカル『ウィズ〜オズの魔法使い〜』(10月・東京国際フォーラム ホールC他)の主役・ドロシー役に決定した。2日、都内で行われた「AKB48プロジェクト全国オーディション」の最終選考でダンス審査、台詞・演技審査、歌唱審査を経て主演の座を勝ち取った増田は号泣。「全力で160%、200%出し切りたい」と覚悟を示した。

 同オーディションにはAKB48、SKE48NMB48、HKT48のメンバーのうち186人が参加。1次・2次選考を経て、最終選考には増田のほか、AKBの梅田彩佳(23)、中村麻里子(18)、仲谷明香(20)、SKE研究生の斉藤真木子(18)、NMBの山本彩(18)の全6人が参加した。

 決め手となったのは、最後の歌唱審査。AKBの中でも歌唱力に定評のある増田は、劇中ラストで主役のドロシーがソロで歌う「HOME」を、表情豊かに体をめいっぱい使って熱唱。課題とされていた役柄の10代半ばには見えないという容姿も、少しでも幼く見せるために髪を短く切って初めて茶髪にし、マネージャーが選んでくれたという服装でカバー。歌い終わるなり泣き出すほど感情移入した。

 オーディション後、取材に応じた宮本は「増田さんの歌を聴いていて、あるまじきことに号泣してしまいました。チキショーってくらい愛に満ちた壮大な世界観が伝わってきて、歌い終わった瞬間、増田さんと一緒にやっていきたいという決意がわいてきました」と絶賛。増田は「私の分岐点になるというか、10皮くらいむけてつるつるになっちゃいそう」と茶目っ気たっぷりに笑い、この舞台を機に「生まれ変わりたい」と誓った。

 ミュージカル『ウィズ〜オズの魔法使い〜』は、9月28日(金)〜30日(日)まで横浜・KAAT 神奈川芸術劇場、10月18日(木)〜28日(日)まで東京国際フォーラム ホールC ほか、大阪、名古屋でも上演予定。出演はほかに、ISSA良知真次エハラマサヒロ森久美子小柳ゆきジョンテモーニング瀬戸カトリーヌ吉田メタル陣内孝則ら。

⇒⇒ ミュージカル『ウィズ〜オズの魔法使い〜』のチケット発売情報

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。