ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2012年05月30日 16時00分
来年の大河ドラマ『八重の桜』の新キャスト発表会見に出席した(前列左から)剛力彩芽、長谷川博己、主演の綾瀬はるか、西島秀俊、長谷川京子、西田敏行、松重豊、(後列左から)工藤阿須加、池内博之、黒木メイサ、綾野剛、稲森いずみ、玉山鉄二、斎藤工、中村獅童 ※風吹ジュン、北村有起哉は欠席 (C)ORICON DD inc.
妊娠中の黒木メイサ (C)ORICON DD inc.
大抜擢の剛力彩芽 (C)ORICON DD inc.

2013年NHK大河『八重の桜』、新キャスト発表 剛力彩芽、黒木メイサらが初出演

 女優・綾瀬はるかが主演する来年の大河ドラマ『八重の桜』(2013年1月スタート)の新たな出演者が30日、東京・渋谷のNHK放送センターで発表され、西島秀俊長谷川博己剛力彩芽黒木メイサ西田敏行らが一堂に会した。この日が共演者との初顔合わせとなった綾瀬は「初めて顔を合わせて、緊張と期待で胸がいっぱいです。力強いキャストのみなさんと力合わせて、支え合いながら一年間頑張れたらと思います」とあいさつした。

 同作は、幕末の「ならぬことはならぬ」の教えを胸に、会津の仲間たちとともに、戊辰戦争の銃弾飛び交う激戦地の中を戦い抜き、維新後は“日本初の篤志看護婦”として日清・日露戦争に同行した会津女・新島八重の波瀾に満ちた人生を描く一代記。

 綾瀬演じる八重の兄であり、“心の師”として八重に影響を与える山本覚馬(やまもと・かくま)を演じる西島は、「役作りで調べている最中だが、驚くべき人物。先見性と逆境に立ち向かうエネルギーを、日本人がもともと持っていた義に生きる心を兼ね備えていた。そのような人物を演じられるのは、やりがいであり、名誉でもある。一年間、魂を込めて演じたい」とやる気を見せた。

 八重の最初の夫となる川崎尚之助(かわさき・しょうのすけ)に長谷川博己、八重の6つ年下の幼なじみ・日向ユキに剛力、文武両道の才女で八重のライバルとなる中野竹子に黒木が出演。この3人はいずれも大河ドラマ初出演となる。

 剛力は「父が大好きな大河ドラマにいつか出演するのが夢でした」と言葉を詰まらせ、涙をこらえながら「役者としてはまだまだ未熟ですが、ベテランの俳優さんたちからいろいろ吸収しながら、人間らしさ、日本人らしさ、人間の強さなどをたくさんの人に伝えられたらいいなと思っています。よろしくお願いします」と抱負を語って、その感激ぶりをあらわにした。

 また、妊娠中の黒木のこの日のファッションは、ふっくらしたお腹を白のロングジャケットでカバー。「この作品を通して、生きる力だったり、何かを守って生きていくこと、勇気を持つこと、人として生きていくいろんな力を学んでいけたら」と意気込みを語っていた。

 八重を同郷の誇りと慕う福島県出身の西田は「登場人物は全国的には知られていないというが、会津ではみなさんの役は有名な方々ばかりですので、自信を持ってください」と共演者を励まし、「会津藩の人々が美しくも雄々しく、幕末を生き抜いたことを全国の人々に知ってもらい、3.11以降の福島県の人たちにも福島県人としての矜持を取り戻すきっかけにしていただければ。遠望のきいた目線で演じていきたい」と熱弁。西田は藩祖以来、会津藩の家老を代々務める家柄の西郷頼母を演じる。

 ほかに、八重の父・山本権八に松重豊、八重の母・山本佐久に風吹ジュン(欠席)、覚馬の妻・山本うらに長谷川京子、八重の弟・山本三郎に工藤阿須加、会津藩最後の藩主・松平容保に綾野剛、会津藩の照姫に稲森いずみ、会津藩士に玉山鉄二池内博之斎藤工北村有起哉(欠席)、中村獅童が出演する。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。