ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2012年05月29日 06時00分

元SDN48芹那、教師役で連ドラ初レギュラー

 元SDN48芹那(27)が、7月スタートの女優・仲間由紀恵主演ドラマ『ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日〜』(毎週土曜 後9:00〜 日本テレビ系)に小学校教師役でレギュラー出演することが28日、わかった。連ドラ初レギュラーとなる芹那は「物心がついた頃からドラマやCMを観て演技のマネをしていたくらい、ずっと演技の仕事がしたかった」と感慨ひとしお。教師にも思い入れがあるようで「大学時代には芸能界に入るという夢のほかに、教職を取って先生になろうかと迷った時期もありました。結果的にどちらの夢も叶ったことになるので、嬉しいです」と喜びも倍だ。

 同作は、成仏できない元警察官・上原蝶子(仲間)の幽霊が、生き別れた息子のとんぼ(君野夢真)とともに数々の事件を解決していくファンタジーコメディ。芹那演じる小学校教師・吉沢美波は、とんぼが通う1年1組の担任で、かわいらしい顔と明るくまっすぐな性格から子どもたちからの人気も高い。自身も大の子ども好きという芹那は「とにかく一生懸命な先生で、それは自分と重なる部分もあるのかなと感じています」と分析し「バラエティーとは違う『芹那』を見せられたらと思っていますので、皆さんぜひ楽しみにしていてください」と期待を込めた。

 仲間がヒットドラマ『ごくせん』チームと再びタッグを組み、連ドラ史上初の“幽霊役”で主演することでも話題を集めている本作。生活安全課に務める警察官の蝶子は、愛する夫・航平(沢村一樹)と娘(志田未来)、息子のとんぼと幸せな日々を送っていたが、ある日突然落命してしまう。しかし、弱虫なとんぼのことが心配で仕方ない蝶子は、成仏できずに幽霊となって現世に出現。愛息子に会うべく幽霊となったものの、生前はやり手の警察官だった蝶子のもとに無念の思いを抱えた幽霊たちが次々と集まるため、とんぼをパートナーにつけ、さまざまな事件を解決しながら成長していく2人の姿を描く。
 
 同局制作の加藤正俊プロデューサーは、芹那起用に「バラエティーで活躍されている姿を見て、明るく天真爛漫で人を惹きつける大きな魅力を感じました。それが今回のドラマの教師役にぴったりだと思い、オファーさせていただきました」とコメントをしている。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。