ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2012年04月21日 07時00分
速水もこみち (C)ORICON DD inc 
発売中のレシピ本第3弾『トラットリアMOCO きみと食べたいイタリアン』(マガジンハウス�; 
10周年記念イベント『Precious Time 2012 〜10th Anniversary〜』の模様 (C)ORICON DD inc 

「追いオリーブ」は当たり前 速水もこみち10周年

 長身、イケメンという天性のものに加え“料理男子”としての評価もここ数年で定着した俳優・速水もこみち(27)。その人気を決定づけた一つに「オリーブオイル」があることも知られつつある。今月12日、早くも自身6冊目となる料理本『トラットリアMOCO きみと食べたいイタリアン』(マガジンハウス)を発売したばかりの速水に、“そのワケ”を単刀直入に聴いてみた。今年10月には本業の俳優デビュー10周年も迎える。まさに“脂”の乗り切ったこの男から目が離せない。

 もともと料理は得意だった。それを本格的に魅せ始めたのが日本テレビ系『ZIP!』(月〜金 前5:50)の1コーナー「MOCO’Sキッチン」。毎朝、学校や職場に行く前の楽しみにと彼の勇姿に食い入る人も多いはずだ。

 好きな料理はイタリアンで、得意な料理もイタリアン。番組でも当然、イタリアンになることが多い。「和食ももちろん好きですよ。でも基本、外食でも洋食が多いですね。魅せることも考えるとイタリアンが多くなるんです」。

 そこで登場するのがオリーブオイル。下準備に、サラダに、肉料理に、完成した最後の最後に使い「追いオリーブ」なる造語まで彼のために登場した。ネットでも一発で検索にひっかかる。とにかく使う。ファンも期待する。結果、見事に応える。その好循環がさらに人気を押し上げる。

 「いや、そんなことないですよ? 『やたらかけるよね』と言われたこともありますけど、これが普通なんですって。イタリア料理ではもっとかけますよ。小さい時から好きですし、僕にとっては至って普通なことなんです」

 そう真っすぐな笑顔で言われてしまうと、これ以上は聞く余地もない。本人は意識していないのだから。そんな彼は今回、レシピ本第3弾となる『トラットリアMOCO〜』出版のため意外にも初めてイタリアを訪れた。

 「行ってわかったことは『もっとシンプルでいいんだな』だということ。もともと料理はシンプルにやってきたつもりですけど、改めてそう思えました」。ローマほか4都市を旅して考案したオリジナル料理や本場のレシピを盛り込んだ。

 料理ばかりに話題がいってしまったが、この秋で俳優デビュー10周年を迎える。「30代に近づいてるので、大人の自分を見せたい。本当に以前より考える時間が増えました。俳優を続けられるのか、このままのスタンスでいいのか。仕事でもプライベートでもとにかく考えることが多くなりました」と変化を語る。

 一つ一つを丁寧に、前向きに捉えて話す速水。「10代は勢い。20代は自分を追い込むようになりました。30代に向け今は常に不安も抱えています。ぼーっとしてる時間なんてないです。せっかくの人生、忙しくしていたいですよね」。ORICON STYLEのインタビューを終えた彼は、毎年恒例のファンクラブイベントに慌ただしく向かっていった。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。