ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2012年03月25日 12時31分
(左から)吉本興業の大崎洋社長、東風衛視の葛福鴻社長
業務提携への調印
(左から)よしもとクリエイティブ・エージェンシー アジア海外事業センター・高龍太郎センター長、大崎洋社長、葛福鴻社長、東風衛視・邱仲凌副社長

吉本興業、衛星放送事業に参入“お笑い世界進出”へ

 吉本興業の大崎洋社長は25日、沖縄・宜野湾で開催中の沖縄国際映画祭で会見を行い、台湾のテレビ局・東風衛視と業務提携を結び、衛星放送事業へ参画することを発表した。これまで『東風衛視』として放送されていたチャンネル名を5月1日より『吉本東風衛視』と改め、共同運営を行う。『東風衛視』はアジア全域、北米、ヨーロッパが放送地域となり、視聴世帯は約1500万世帯。5月より『吉本東風衛視』として、日本のテレビ番組などのコンテンツも世界へ向けて放送していく。

 今回の業務提携による吉本興業から東風衛視への出資や役員派遣などはなく、まずはチャンネルの共同運営という形のスタートとなる。同チャンネルの1日24時間の放送の中で、日本の番組を1日3時間の帯枠で放送予定。放送する番組は、日本の地上波で放送されている番組のほか、アジア向けにローカライズした吉本オリジナル番組の制作も検討中という。

 東風衛視の葛福鴻社長は、共同運営のメリットを「日本の優れたテレビ番組制作の経験、ノウハウ、精神を私たちのチャンネルに持ち込みたい」とする。また、日本の番組がさまざまな権利関係で海外での放送が難しかった経験から、「権利を保護しながらも、初めから世界で放送することを前提にした番組を吉本興業とともに制作していきたい」との狙いも語った。

 一方、吉本興業は、自社のコンテンツを世界に発信していくほか、年間200本ものイベントも手がけている東風衛視との業務提携により、アジアのエンターテインメント人材の発掘・育成・マネージメントも展開していくとする。

 今年、創業100周年を迎え、所属芸人による地域活性化プロジェクトやファッションイベントでのガールズマーケットへの参入など、さまざまなプロジェクトを進行している吉本興業だが、大崎社長は今回の発表を記念プロジェクトのなかでも最大のトピックとする。「アニメやゲームだけでなく、テレビ番組や雑誌メディアなども日本が誇るクールメディアの一つ。アジア最大のエンターテインメント・チャンネルを共同で運営させていただき、それをアジア、そして世界中に届けたい。そのための唯一最大の武器が『吉本東風衛視』です」。15年をかけて実現したというプロジェクトへの意気込みを熱く語った。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。