ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2012年02月16日 15時40分
恒例『第25回 サラリーマン川柳』100選が発表に、哀愁漂う一句など今年も秀作が並んでいる

サラリーマン川柳、傑作100句発表

■『第25回サラリーマン川柳』100選一部抜粋はこちら!

 第一生命保険は16日、今回で25回目を迎えた『サラリーマン川柳コンクール』の傑作100句を発表した。2万7184句の中から選ばれた100句は、昨年ブームを巻き起こした“マルモリ”やアイドルグループ・AKB48のほか、東日本大震災を機に見直された“絆”や“節電”にちなんだものも多く入った。なお、ベスト10は今回選出された100句の中から一般投票により決定する。

 サラリーマンの何気ない日常や夫婦生活の悲哀を、トレンドを織り交ぜながらユーモアたっぷりに詠んだ句が揃うことで毎年注目を集める同コンテスト。今回は昨年話題になったドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)、『家政婦のミタ』(日本テレビ系)をモチーフとした【オレ子守り 子供マルモリ 妻大盛り】(菜野人)、【妻が言う「承知しました」聞いてみたい】(大魔神)のほか、【『総選挙』もちろん行ったよ! 武道館】(サラリーマンONE)、【AKBに 負けるなパパも 48】(蚊注射)など、AKB48関連の言葉も多数そろった。

 毎年多くの共感を呼んでいる上司と部下、夫と妻のやりとりを題材にした作品は、【「内定です」返った言葉が「マジッスカ!」】(絵文字)、【叱らずに 育てた部下に 怒鳴られる】(やなぎびと)、【妻がした 計画停電 オレの部屋】(絶望的)、【スマートフォン 妻と同じで 操れず】(妻―とフォン)など、世相を織り交ぜながら悲哀を表現した計22句も注目だ。

 また、ユーモラスな作品が多く集まる同コンテストだが、今回は【何気ない 暮らしが何より 宝物】(考えボーイ)、【震災に 使命と絆 奮い立ち】(天童ラ・フランス)、【復興を 祈る気持ちで 電気消す】(ハナちゃん)など、東日本大震災を受けた“復興への願い”や改めて見直された“当たり前の日常”にスポットを当てた作品も多く寄せられている。

 今回選出された100選から「ベスト10」を選ぶ一般投票は、本日より3月15日まで同社のWEBサイトで実施。「ベスト10」は4月下旬に発表される。

全100選を掲載! 「第一生命保険」公式サイト



■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。