ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年12月08日 10時17分
女性部門1位は、AKB48の大島優子 (C)ORICON DD inc.
男性部門1位は、石川遼 (C)ORICON DD inc.
芦田愛菜 (C)ORICON DD.inc

新CMクイーンはAKB48大島優子! キングの座は3連覇・石川遼がキープ

■ランキング表はこちら

 テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターが8日、『2011年 タレントCM起用社数ランキング』を発表し、女性部門ではAKB48【大島優子】が19社起用で“新CMクイーン”の座を手中に収めた。昨年の同ランキングで2連覇を遂げ、通算5度目のCMクイーンとなった女優【上戸彩】は、今回14社起用で5位(同【小嶋陽菜】【ベッキー】)にとどまり、トップの座を明け渡すこととなった。人気子役【芦田愛菜】は【高橋みなみ】とともに4位(15社)につけ、今年の活躍ぶりを象徴する結果となった。あわせて発表された男性部門では、プロゴルファー【石川遼】選手が17社起用で堂々の3連覇を達成している。

■新女王誕生! AKB48がCM業界をも席巻

 新CMクイーンとなった大島は、グループとしてのさまざまな活動はもちろん、現在は単独で“月9”ドラマにも出演するなど着実にキャリアを重ね、幅広い世代から高い支持を得ている。次いで【篠田麻里子】と【前田敦子】が2位(17社)、【板野友美】が3位(16社)となりAKB48のメンバーたちがTOP3を独占。今や国民的アイドルにまで成長した同グループは、音楽業界だけにとどまらずCM業界も席巻する一年となった。

 今春ドラマ『マルモのおきて』で“マルモリ”ブームを巻き起こし、映画からバラエティ、そしてソロでの歌手デビューと、各方面から引っ張りだこで、すっかり人気者となった芦田の健闘ぶりも見逃せない。愛くるしい笑顔と大人顔負けの演技力を持ち、7歳にしてCM起用社が15社とまさに“今年の顔”といっても過言ではない。このほか、惜しくも圏外となったが芦田と同い年の子役【小林星蘭】も起用8社と急浮上しており、今後が期待される。このほか“ポスト愛菜ちゃん”の座を狙う予備軍も多く控えており、来年以降も子役ブームの勢いは衰えそうにない。

■男性部門、嵐が5人そろってTOP5へ! 向井理や福くんも初登場

 昨年から起用社数の変動がなく盤石の強さで首位となった石川選手。その爽やかなルックスと礼儀正しい立ち居振る舞いに加え、今年発生した東日本大震災後には積極的に支援活動を行うなど、好感度の高さは誰もが納得といったところだ。また人気グループ・嵐は、メンバー全員がTOP5内にランクイン。2位の【櫻井翔】(13社)を筆頭に3位は【松本潤】(12社)、次いで4位に【二宮和也】(11社)、5位に【相葉雅紀】と【大野智】(10社)が続いている。

 昨年末に『ゲゲゲの女房』(NHK総合)で注目を集め、今年に入って本格的にブレイクした【向井理】は、上半期ですでに11社のCMに出演。下半期ではこれに1社加わって12社起用となり3位となった。また、男性部門でも子役が奮闘。芦田とともに社会現象となった人気子役【鈴木福】も7社起用で8位と大躍進をみせた。

【調査概要】
調査項目:テレビCMに出演している男女タレントの起用社数ランキング
調査期間:2011年1月1日〜11月30日
対象局:日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京(東京地区オンエア分)
備考:番組宣伝や本人出演のCD/DVD・着うた・映画CMなどはのぞく
(すべてニホンモニター調べ)
>>【ランクインしたタレント写真一覧】



■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。