ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年10月28日 10時00分
2位に選ばれた、ソフトバンク社長の孫正義氏
4位はファーストリテイリング社長の柳井正氏
10位に選ばれたのは、人気ゲーム『マリオ』シリーズなどを手掛けたゲームクリエイターの宮本茂氏

【働きビト】ビジネス史に輝く日本の“天才経営者”、1位は「松下幸之助」 〜孫氏ら新世代も台頭

■ランキング表はこちら

 世界を震撼させた米アップル創業者、スティーブ・ジョブズ氏の突然の訃報から早1ヶ月が経とうとしているが、メディアで取り上げられる彼の功績に、改めて畏敬の念を抱く人も多いことだろう。いざ世界から日本に目を向けると、本国にも世界に誇る敏腕経営者が数多く存在する。そこで今回の社会人向けコラムORICON STYLE『働きビト』では、“ビジネス史を代表する天才経営者だと思う日本人”をテーマに調査を実施。1位には、パナソニック電工(旧・松下電器)を創業し、一代で世界的企業へと成長させた逸材【松下幸之助】氏が選ばれた。没後20年以上経つが「人生や経営のイロハからは学ぶ事がたくさん」(広島県/30代/女性)との声が多く、激動する昨今の経営情勢にも彼の“イズム”は息づいているようだ。

 幾度も経営難に巻き込まれながら、独自の発想力と先見の明で先陣を切り、困窮時代を経て一代で世界に名を馳せる大会社を築き上げた松下氏。人並み外れた経営センスはもちろんだが、「社員やその家族を大切にしながら、会社を成長させたのが素晴らしい」(北海道/20代/男性)、「使い勝手を徹底するなど心遣いある経営をされていたので。常に謙虚で人としてもすごい方だなぁと思います」(三重県/30代/女性)というように、彼が今なお敬われている理由はその理念や生き方にも隠されているようだ。晩年は、私財で松下政経塾を設立し、多くの経営者や政治家の育成にも注力。そんな大往生の94年の生涯に対し「日本の誇り」(東京都/20代/女性)と称えるコメントが相次いでいる。

 2位にランクインしたのは、iPhone発売を有するソフトバンクモバイルをはじめ、ポータルサイト・Yahoo!Japan、プロ野球チーム・福岡ソフトバンクホークスなど、さまざまな事業を手掛ける、ソフトバンク社長の【孫正義】氏。「ITが全盛でない時に事業を先取りし、急成長させた手腕はやはりすごい」(神奈川県/40代/男性)というように、時代をリードする革新的な発想と類まれな行動力に支持が集中。昨今では、“消費者の声”を熟知し素早く取り入れる、ツイッターを活用してのユニークなビジネス手法でも話題を集め、「経営方針も人間的にもついて行きたいと思える人ですね」(神奈川県/20代/女性)と抜群のカリスマ性を誇っている。

 続く3位は“モノ作りのロマンチスト”と呼ばれた、本田技研工業の創業者【本田宗一郎】氏。自動車の修理工として職をスタートさせた本田氏は、独自性溢れるアイディアと手法で、エンジニアとしても経営者としても大成。日本の自動車エンジンを世界レベルへと高めた確かな技術はもちろんだが、リスクを冒してでも前進しようとする強い決断力やリーダーシップ、1つの成功に満足せずいつまでも探究心を持ち続けていたという軌跡から、「考え方が好き」(愛知県/30代/男性)、「数々の名言に教えられることがたくさんあります」(東京都/30代/女性)と彼の人柄を支持する声が目立ち、未だ敬愛するファンを多く有していることが伺えた。

 そのほか上位には、松下氏や本田氏とともに戦後の日本を立て直す原動力となった、トヨタ自動車創業者の【豊田喜一郎】氏(5位)や日清食品の【安藤百福】(6位)氏、京セラと第二電電(現・KDDI)を起業した【稲盛和夫】(11位)氏など。孫氏と並び新世代をリードする、ファーストリテイリングの【柳井正】氏(4位)や人気ゲーム『マリオ』シリーズなどを手掛けたゲームクリエイター【宮本茂】氏(10位)など、松下氏ら先人たちの英知を学び、新たに昇華した独自の経営理念を持った実力者たちが名を連ねた。昨今、日本ではグローバル化の遅れが危惧されているが、彼らのような新たな逸材の登場を願わずにはいられない。

【調査概要】
調査時期:2011年8月26日(金)〜8月31日(水)
調査対象:合計900名(※有職者に限る/自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員20代、30代、40代の男女各150名)
調査地域:全国


⇒成功者に学ぶ
年収1000万円プレイヤー大図鑑
プレゼンや発想力… プロフェッショナルスキル入門

マナーから合コン成功テクまで!? 社会人コラム『働きビト』バックナンバー



順位 名前 CLICK!
写真一覧
主な経歴
松下幸之助 松下電器産業の創業者、一代で世界的企業へと成長させた
孫正義 ソフトバンクグループの創業者
本田宗一郎 “モノ作りのロマンチスト”と呼ばれた、本田技研工業の創業者
柳井正 ユニクロを中心とした企業グループ持株会社・ファーストリテイリング社長
豊田喜一郎 トヨタ自動車の創業者
安藤百福 日清食品の創業者
上西京一郎 オリエンタルランドの代表取締役社長
三木谷浩史 オンライン・ショッピングモール・楽天の創業者
渡邉美樹 ワタミ株式会社取締役会長
宮本茂 人気ゲーム『マリオ』シリーズなどを手掛けた、ゲームクリエイター

■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。