ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年10月25日 10時00分
ORICON STYLEのインタビューに応じたTBS田中みな実アナウンサー (C)ORICON DD inc.
(C)ORICON DD inc.
10月21日から新番組『爆報! THE フライデー』がスタート (C)TBS

TBS・田中みな実アナ、ブリッ子は“素”か“キャラ”か?

 現在、バラエティ番組を中心に“ブリッ子”女子アナとして人気のTBS・田中みな実アナウンサー。巷では、あのブリッ子は“素”なのか“キャラ”なのかが視聴者の間でも議論を呼んでいる。そこでORICON STYLEでは、真相を確かめるべく田中アナにインタビューを敢行。「全てがウソでもないし、全てが本当でもないということだと思います…というのが本音でしょうか」というテレビでのイメージとはかけ離れた凛とした受け答えから、彼女のプロフェッショナルな一面を垣間見た。

 田中アナといえば、『サンデー・ジャポン!』を筆頭に、同局のバラエティ番組に引っ張りだこの超売れっ子アナ。男心をくすぐるようなキュートなしぐさや言葉使いで、男性視聴者を中心に支持を獲得。また、同番組の司会である爆笑問題明石家さんまなど大物タレントたちからも標的にされ、毎回“毒舌”の餌食になっている。「『サンジャポ』で免疫がつきましたから大丈夫です(笑)。最初は『何で、この人はこんなに悪口を言うんだろう…』ってビックリしましたけど」と振り返る。だが、「太田(光)さんは本番直前に『今日は楽しくね』って、何気ない会話の中に優しい言葉を入れてくれたりするんですよ」と、実は“良い人”であることを告白する。

 田中アナと抜群の絡みを見せるのは、彼女を“天敵”と公言するマツコ・デラックスだろう。以前、放送された『ホントの恋のカマ騒ぎ』に田中アナが出演した際には、その人間性を真っ向から否定し、足を引っ掛けて転ばせ最終的に大泣させてしまうという展開を披露。一見、荒々しいマツコの“ムチ”に対しても「マツコさんはボキャブラリーも豊富で言葉に力を持たせるのが凄い! マツコさんにイジられることで私も助かっている部分がありますね」と冷静に分析する。

 ここまで彼女の話を聞いていると、自身の立ち位置や視聴者が望むものを分析しており、テレビで観る彼女の印象とは少し違って見えてくる。「とにかく求められることには、応えていきたいと思うんです。バラエティのなかでブリッ子キャラでいるのは、アナウンサーの仕事では無いのでは? という方もいるとは思うんですけど、制作スタッフの方が望んでいることに、会社員として応えるということは当然だと思うんです。楽しい番組作りに少しでも協力できればいいなという想いで臨んでいます」と自身の真摯な想いを吐露する。

 今回のインタビューで彼女が“プロフェッショナル”なアナウンサーであることが理解できた。だが、彼女のブリッ子キャラを、快く思っている視聴者だけではないのもまた事実。「私、何を言われてもあまり気にならない性格なんです。周りから色々な声が聞こえてきても走り続けていると気付かないんです。…だから止まるのが怖いんでしょうね(笑)」。うーん。田中みな実……なかなかのツワモノです。

◆人気アナの本音に迫る『アナ★スタイル Vol.10』
<インタビュー>TBS・田中みな実アナのブリッ子は「素」か「キャラ」か… その真意とは?写真一覧


 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。