ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年09月24日 06時00分
西尾由佳理アナウンサー

西尾由佳理アナ、初の他局仕事で涙 〜日テレへの感謝語る

 8月末に日本テレビを退社したフリーアナウンサーの西尾由佳理が、10月7日にTBS系で放送される特番『たましいの授業』(後9:00〜)で、人気グループSMAPの草なぎ剛とタッグを組むことが24日、わかった。同番組は芸能界に生きる人生経験豊富なタレントを“講師”として迎える教育バラエティ。西尾アナは進行役を務め、さらに講師としても教壇に立ち「感謝の気持ちを伝えることの難しさ」を説く。今特番がフリー後初めての他局出演となる西尾アナは、10年間務めた日テレでのアナウンサー生活を振り返り、思わず涙がこぼれる一幕もあった。

 東日本大地震の傷痕が深く残る今だからこそ、将来を担う「子ども達や若者達に伝えたい事」をテーマに、ゲスト陣が全国各地を訪れ特別授業を開く同番組。講師には、ものまねタレントの父親に対する反発心を持ちながら思春期を過ごし、今やものまね界を牽引するタレントとなった青木隆治による親子の話や、自身が受けた壮絶ないじめの体験談を打ち明けた女芸人・大島美幸(森三中)など、それぞれが渾身の授業を行った。

 そんな波瀾万丈の人生を告白する教師の1人として参加を決めたのが、同番組で進行役も担う西尾アナだ。授業のテーマは「感謝」。日本テレビの看板アナとして活躍し、過去には『第7回 好きな女性アナウンサーランキング』(オリコン調べ)で1位に輝いた彼女が、今まで語ることの無かった古巣・日テレ時代について、遂に口を開く。そこで普段なかなか言葉にして伝えることができない難しさと、だからこそ如何に大切であるかを切々と訴える。

 このほか、タレントのベッキーが、常にポジティブに生きる彼女だからならではの「夢」について語り、女子高生からの「悩み相談」を実施。また元宮崎県知事の東国原英夫氏は、自身が復興アドバイザーを務める宮城県山元町の小学生と「復興」への道を考える。

 番組の最後には、MCを務める草なぎも自らスタジオに居る一般の親子100人に授業を披露。熱い涙で目を潤ませながら語りかけるなど、普段テレビで見せるコミカルな一面を封印し、自身の経験を真摯に告白している。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。