ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年09月22日 10時00分
1位は09年以来、2度目の決勝進出を果たした「インパルス」
“3度目の正直”を誓う「TKO」は2位に
3位は、結成5年目で2度目の決勝進出を果たした「モンスターエンジン」

明日決着、『キングオブコント』優勝者予想 1位はインパルス

■ランキング表はこちら

 今年で4回目を迎える、コント師の日本一決定戦『キングオブコント2011』(TBS系)の決勝戦がいよいよ明日23日に開催される。今回もテレビ番組で馴染みの深いベテランから中堅、新進気鋭の若手まで多彩な8組のファイナリストが出揃い、頂点を目指して激突する。そこで、ORICON STYLEでは、お笑いに興味・関心がある10代〜40代の男女を対象に、候補者8組のなかで誰が栄冠を手にすると思うか優勝者予想(複数回答)を敢行。1番人気は、4位に終わった09年以来、2度目の決勝進出を果たした【インパルス】(47.5%)。次いで2位には、3度目の正直を誓うコンビ【TKO】(37.8%)、3位には結成5年目で2度目の決勝トライとなる【モンスターエンジン】(29.9%)が後につけている。

 数々のお笑い賞レースがあるなか、2008年に満を持して初開催された同大会。初代王者にはバッファロー吾郎、2代目に東京03、そして昨年3代目にキングオブコメディが“コント王”の称号を手に入れ、その名を知らしめてきた。今年はトップリード、TKO 、ロバートラブレターズ2700、モンスターエンジン、鬼ヶ島、インパルスの計8組(1回目のネタ披露順)が激闘し、新王者はお笑い界の新たな1ページに名を刻むことになる。

 結成12年の1位【インパルス】は、レギュラー出演する『はねるのトびら』(フジテレビ系)などの人気番組で存在感を放ち経験も豊富。また、「キレのあるツッコミとシュールなボケのバランスが絶妙」(愛知県/20代/女性)、「変化球が多く構成もしっかりしていておもしろい」(北海道/40代/女性)とボケの板倉俊之が手がける独特で巧妙なコントの評価も高い。「世代を問わず笑えるネタが多い」(福岡県/20代/男性)というように、男女・世代別のすべてでNo.1の支持を受けた彼らは、この追い風のもと決勝に挑む。

 同大会最多となる3度目の決勝進出を果たした2位の【TKO】は、今年結成20周年のベテラン。「2人のコンビネーションが年を重ねるごとに良くなっているから」(東京都/30代/男性)、「コントはもちろん、それぞれのキャラクターは円熟期を迎えていると思います」(東京都/40代/男性)といった声が寄せられ、定評のある“キャラコント”や長年積み重ねてきた実力、経験の数から2人の優勝に期待が高まった。ネタ披露順は、過去2回に続き今回も早めの登板となるが「実力派だし今度こそ!」(茨城県/20代/女性)と熱いエールが送られている。

 3位の【モンスターエンジン】は、5位で幕を閉じた09年以来2度目の決勝。上半身裸で黒タイツという佇まいの“神々の遊び”など、異色コントで知られるように「彼らのネタには毎回驚かされるので」(愛知県/10代/女性)と意表をつくような活躍が待ち望まれる。前身となるコンビ・にのうらごを経て07年4月に結成以来、数々の賞レースで結果を残し、08年には『M-1』の決勝ステージにも立っている2人。「勢いと実力の両方が備わっているので楽しみ」(栃木県/10代/男性)と若手ながら高い期待が寄せられている。

 続く4位に【ロバート】(22.3%)がランクインするなど、過去に同大会ファイナリスト経験のあるグループが上位を占めたが、“学園コント”に定評のある【鬼ヶ島】(7位:2.9%)や、大御所・シティボーイズの事務所の後輩【ラブレターズ】(8位:2.1%)といった下克上を狙う新進気鋭の新人コンビにも票が集まり「そこまで知られていなくて新鮮だし、未知の力が発揮されるかも」(愛知県/40代/男性)と“ダークホース”として期待する声が挙がっている。

 同大会の覇者は優勝賞金の1000万円はもちろん、それ以上に価値がある地位と名誉、また今後の活動に大きく左右する人気や話題性を一夜にして手に入れることになる。見事4代目キングに輝き、その歴史に足跡を残すのは果たしてどのグループとなるのか? 注目したい。

【調査概要】
調査時期:2011年8月29日(月)〜9月1日(木)
調査対象:自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代男女のうち、「お笑いに興味・関心がある」と回答した計1000名
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査

◆過去の『キングオブコント』をプレイバック!

【第1回】ファイナリスト一覧決勝戦の模様
【第2回】ファイナリスト一覧優勝予想ランキング決勝戦の模様
【第3回】ファイナリスト一覧優勝予想ランキング決勝戦の模様
【第4回】ファイナリスト一覧



順位 グループ名
(活動歴/出場回数)
CLICK!
写真一覧
関連news
インパルス
(結成12年/2度目の決勝)
 ■インパルス、自らの弱点を露呈
 (09/03/04)
TKO
(結成20周年/3度目の決勝)
 ■TKO『キングオブコント』頂点誓う
 (11/06/23)
モンスターエンジン
(結成4年/2度目の決勝)
 ■モンエン西森洋一が結婚
 (11/06/22)
ロバート
(結成約13年/2度目の決勝)
 ■ロバートが芝居に初挑戦!
 (09/07/07)
2700
(結成3年/2度目の決勝)
 ―
トップリード
(結成約13年/初の決勝)
 ■“オンバト”初代王者はトップリード
 (11/07/24)
鬼ヶ島
(結成4年/初の決勝)
 ■『お笑いハーベスト大賞』本選進出
 (11/06/25)
ラブレターズ
(結成2年/初の決勝)
 ―

■活動歴/出場回数は 2011年9月21日現在

■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



話題のニュースを一気読み『写真付き☆今日のNEWS』  

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。