ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年09月22日 05時00分
杉村太蔵 (C)ORICON DD inc.

杉村太蔵、政治家役で銀幕デビュー「演じるというよりそのまま届ける」

 元衆議院議員でタレントの杉村太蔵(32)が映画『女優』(来年5月公開予定)で銀幕デビューを飾ることが21日、わかった。日中友好の架け橋となる“大物政治家”役で、ORICON STYLEの取材に杉村は「政治の世界を多くの人に知ってもらうチャンス。この映画を機に日中友好の一助になれればこんなに嬉しいことはないです」と使命感をのぞかせた。

 最近何かと引っ張りだこの杉村が今度は本格的役者に初挑戦する。これまでソフトバンクケータイのCMやテレビ朝日系ドラマ『ナサケの女』に“3秒ほど”出演した経験はあるが、しっかりとした芝居はこれが初めて。オファーを受けた際には「また3秒程度かなと思っていたら、ちゃんとした役柄があって私自身が驚いてます」と本人もびっくりの俳優デビューだ。

 作品は、昨年舞台化もされた作家・寺西一浩氏の小説『女優〜あなたには、人生を変えるチャンスがあるわ〜』(講談社)。日本人の母と中国人の父との間に生まれ、中国で働く小麗はある日、大女優・夏樹奈奈主演映画のオーディションを受ける。小麗の可能性を感じ取った夏樹、その敏腕マネージャーは小麗を女優として日本でスターダムにのしあげるべく奮闘する過程で、芸能界の裏側も描き出す。

 日中国交正常化40周年記念作品として、自らメガホンをとる寺西氏は杉村を「同い年で親近感もあって、政治家としての経験や存在感もあるから、何があってもへこたれないチャレンジャーだと強く思ってます」と評価。「ニュータイプ政治家」と呼ばれた杉村に白羽の矢を立て、「案外まじめで努力家だと思います。いわゆる『ニュータイプの俳優』を目指して頑張っていただきたい」と期待を寄せる。

 杉村は「私の役は日中友好にとって必要な政治家で、私の理想に近いので気合い入りまくってます。身に余る大役ですよ」と喜びもひとしお。「非常に緊張していますが、自分のできることを精一杯やりたい。演じるというより、たった4年とはいえ政治家を経験した身として実際の外交の場をそのまま届けたいし、表現できたら」と気合十分で臨む。もっとも「初めての役としては非常にやりやすい」とも話しており、これから先“俳優・杉村太蔵”が誕生するのかも注目だ。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。