ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年09月16日 05時00分
新番組『キャスト』にコメンテーターとして出演する東国原英夫氏 (C)ABC
キャスターを務める(左から)塚本麻里衣アナウンサー、伊藤史隆アナウンサー、高橋大作アナウンサー (C)ABC (C)ABC

“無職”東国原前知事、報道番組にレギュラー出演

 前宮崎県知事の東国原英夫氏が10月3日スタートの新報道番組『キャスト』(毎週月〜金曜 後4:50 ABCローカル)にレギュラー出演することが15日、わかった。東京都知事選敗退から約1ヶ月後の今年5月には「社会的立場としては無職」と苦笑しつつも、「今まで放電してきた分、充電して、勉強会を立ち上げて一から行政をおさらいしたい」と語っていた東国原氏。勉強の場としてまずは同番組を選び、コメンテーターとして“定職”につくことになった。

 同番組は“かゆいところへ手が届く”、頼れるニュース番組を目指してニュースを徹底的に分かりやすく伝える新たな報道番組。安田武史プロデューサーは「今、世の中で何が起きているのか? 混沌たる政治や経済、想定外の事件・災害など日常の生きにくさを感じるなか、市井の人たちが抱く疑問を読み解いていく番組です」と語る。

 これまでスポーツの現場などで数々の名勝負、名シーンを実況してきた同局のベテランアナウンサー・伊藤史隆が初キャスターとして新たな“夕方の顔”を務める。親しみやすさが持ち味の伊藤アナはメインキャスターとして「見てくださっている方の立ち位置から、テレビの外から突っ込んでいるような感じの立ち位置でありたい、そういうキャスターでありたいと思います」と意気込む。

 『おはようコールABC』で同局の“朝の顔”を務めてきた高橋大作アナと入社2年目の塚本麻里衣アナがサブキャスターとして伊藤アナをサポート。高橋アナはスタジオを飛び出して現場からのリポートも担当する。

 番組を支えるコメンテーター陣には、東国原氏のほかに経済アナリストの森永卓郎氏、同志社大学大学院の浜矩子教授、同局のプロ野球解説者・矢野燿大氏、芸能ジャーナリストの井上公造氏、弁護士の郷原信郎氏、ノンフィクションライターの藤井誠二氏、コミュニティデザイナーの山崎亮氏といった各分野のスペシャリストが登場。さまざまな角度からニュースに鋭く斬りこんでいく。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。