ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年08月27日 06時00分
トップリードの代理で会見に出席したマネージャー (C)ORICON DD inc.
決勝出番順抽選会で不安どおり1番を引き当ててしまい落胆 (C)ORICON DD inc.

トップリード、代役が引いた“ネタ披露順1番” 『キングオブコント2011』決勝8組決定

 コント日本一を決める『キングオブコント2011』の決勝進出者の発表が26日、東京・赤坂BLITZで行われ、ラブレターズインパルス鬼ヶ島TKOトップリード2700モンスターエンジンロバートの8組が決勝にコマを進めた。それぞれが意気込みを語る中、仕事の都合により欠席となったトップリードだが、幸か不幸か、ネタ披露順を決める抽選で代役の女性マネージャーが「1番」を引き当ててみせ、本人たちが不在であるにもかかわらず、その名前は注目を集めることとなった。

 決勝進出者の名前が続々と呼ばれるなか、ステージに登壇した女性マネージャーは驚きを隠せず、恐縮しきり。誰もが嫌う“トップバッター”でのネタ披露だが、これを引き当てると「トップリード、ごめ〜ん」と詫びながらも、「“トップリード”なんで」と先行逃げ切りに期待を込めた。さらには、優勝賞金1000万円の使い道を聞かれると「私にも(お金が)来るようにする」と勝手に公約し、ちゃっかり笑いを誘っていた。

 初代王者にバッファロー吾郎、2代目に東京03、3代目にキングオブコメディが“キング”の称号を手にした同大会。3度目の決勝進出となるTKOは「3度目の正直。結成20周年、40歳になる歳ですし」と力強く意気込むなど、それぞれが決戦に向けて早くも火花を散らした。

 初めて決勝にコマを進めたラブレターズは「もし優勝したら、先輩のシティボーイズに肉をおごりたい」と先輩思いの一面をみせ、同じく新参者の鬼ヶ島は「同じ3人組なのでライバルはロバート」と下克上を目標に掲げていた。

 同大会では、プロ・アマ不問、芸歴制限なしで「とにかくおもしろいコント芸」を決定。昨年のルール同様に、2つのネタの合計点で競い、審査はセミファイナリスト50組100名が無記名で採点する。決勝の模様は9月23日にTBS系で午後7時より3時間生放送される。司会は前回同様にダウンタウン が務める。

 1回目のネタ披露順は抽選の結果以下の通りに決定。2回目は1回目の得点が低い組から行われる。1:トップリード 2:TKO 3:ロバート 4:ラブレターズ 5:2700 6:モンスターエンジン 7:鬼ヶ島 8 :インパルス

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。