ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年08月25日 14時12分
よしもとクリエイティブ・エージェンシーと業務提携する登山家・栗城史多氏 (C)ORICON DD inc.
会見ではピン芸人・あべこうじ(左)と佐久間一行(右)がMCを務めた (C)ORICON DD inc.

登山家・栗城史多氏が吉本と業務提携 3度目のエベレスト遠征へ

 登山家の栗城史多(くりき・のぶかず)氏が25日、東京・渋谷のヨシモト∞ホールで会見を開き、よしもとクリエイティブ・エージェンシーと9月1日付で業務提携すると発表した。今月28日には3度目のエベレスト単独・無酸素登山に遠征。出発を控えた栗城氏は「楽しんで登っていきたい。生中継もするので、日本の人に元気と勇気を伝えたい」と使命感を口にし、意気込みを語った。

 162cmと小柄ながら、これまでに6大陸の最高峰やヒマラヤ山脈のマナスル(8163m)にて日本人初の単独・無酸素登頂と山頂直下からのスキー滑降などを成功させている栗城氏。自主企画で登山の様子も生配信するなど、新たな手法で登山の過酷さや素晴らしさを伝えたいといい「たとえ登頂率が低くても、不可能じゃない。夢が実現することを伝えていきたいんです」と熱く語った。

 エベレスト登山は今回が3度目の挑戦。過去2回は天候の理由もあって惜しくも断念したが「今回はようやくエベレストと向き合えたと思ってる。ボクサーがトレーナーに付いてくれましたから」と準備は万全だといい「3度目は必ずやり遂げて、生きて帰ってくることを約束します!」と語気を強めた。

 「冒険の共有」を目指し、エベレスト登頂の模様をUSTREAMでインターネット生中継するほか、過去に講演を行った学校と中継を繋いで8000mからの課外授業も予定している。会見では、親交のある間寛平がVTRで「帰ってくるのを待ってますよ! もし途中でリタイアするようなら、栗城! メッ!」とエール。今後、同社では栗城氏の登頂模様の動画管理やメディア展開をサポートしていく。

 会見で司会を務めたピン芸人・あべこうじ佐久間一行は、23日に芸能界を引退した島田紳助さんについて質問され、あべは「僕が司会をすると、どうもフワフワしちゃうので、もっと学びたかった。残念です」と神妙な面持ちで、佐久間も「厳しいなかに優しさがある人だった」と語っていた。

 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。