ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2011年08月02日 10時01分
最強の名脇役ランキング、1位は香川照之 (C)ORICON DD inc.
最強の名脇役ランキング、2位に選ばれた小日向文世 (C)ORICON DD inc.
最強の名脇役ランキング、3位の生瀬勝久 (C)ORICON DD inc.

『龍馬伝』の熱演も定評! “最強の名脇役”1位は香川照之

■ランキング表はこちら

 名作と呼ばれる映画やドラマに欠かせないのは、主役はもちろん、その脇を固める確かな演技力を持つバイプレーヤーたちの存在。彼らがいてこそ主人公はより輝きを増し、物語もより一層深みを増していくもの。そこで、ORICON STYLEでは10代〜40代の男女を対象に『最強の名脇役だと思う俳優・女優』について調査を実施。結果、ウィットに富んだ演技で主演さながらの存在感を発揮し、昨年一大ブームとなったNHK大河ドラマ『龍馬伝』での熱演も記憶に新しい俳優【香川照之】が1位に選ばれた。次いで2位には【小日向文世】、3位に【生瀬勝久】と続き、お人よしから悪人まで思いのままに演じわける個性派が名を連ねた。

 1989年放送のNHK大河『春日局』でデビューを飾った香川は、現在45歳。役の大きさに関わらず、さまざまな映画やドラマに出演し、『第33回日本アカデミー賞』では、出演映画『劒岳 点の記』で最優秀助演男優賞に輝くなど、これまでに数多くの映画賞を受賞。歌舞伎役者の3代目・市川猿之助と女優・浜木綿子の息子としても有名だが、決して“七光り”でないことは、これまでに築きあげてきた人気・実力が証明している。昨年の代表作『龍馬伝』では、成り上がり・岩崎弥太郎役を迫真の演技で挑み「“弥太郎伝”としても通用する位、素晴らしい存在感だった」(神奈川県/40代/女性)と観る者を圧倒。父親や刑事といった王道役はもちろんだが、国民的人気漫画の実写化『あしたのジョー』では、自身のボクシング好きから丹下段平役に挑むなど、チャレンジ精神を常に持ち続け、同世代から若者まで幅広い層から絶大な支持を集めている。

 約19年間在籍した劇団・オンシアター自由劇場時代には、チームを引っ張る中心的存在として活躍していた2位の小日向。劇団解散後は、それまでに培ってきた経験をフルに活かし、映像の世界でその魅力を開花。彼の人柄が滲み出るようなユニークなキャラクターから、トレードマークの笑顔が逆に不気味な悪役まで、多様な役どころを演じわけ「代わりがいない名優」(埼玉県/10代/女性)として異彩を放つ。キーマンとして物語の一端を担う一方、公開中の映画『犬飼さんちの犬』、連続ドラマ『あしたの、喜多善男 〜世界一不運な男の、奇跡の11日間〜』(フジテレビ系)などでは主演も果たすなど、役者としてますます円熟味を増している。

 3位には、小日向と同様に劇団出身の生瀬がランクイン。大マジメな役柄はもちろん、ドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)、『TRICK』(テレビ朝日系)シリーズなど、多くの作品でキャラクターの立つ“クセ者”を演じ、「それぞれ作品の彩りが増している」(東京都/20代/男性)と彼の存在が物語の重要なアクセントに。その傍ら、持ち前のユーモアを活かし『サラリーマンNEO』(NHK総合)シリーズなど、バラエティ番組でも活躍。卓越した演技は「生瀬さんが出演していると、その作品に期待が持てる」(宮城県/20代/女性)と思わせてしまうほどだ。さらにドラマや映画のみならず、役者人生の礎を築いた舞台作品にも今なお積極的に出演する姿勢も支持される要因といえる。

 ベテラン勢の名が目立つなか、若手としては10代・20代を中心に支持を集めた【桐谷健太】が8位に登場。TOP10は俳優が占める結果となったが、上位には【もたいまさこ】、【余貴美子】、【樹木希林】ら味わい深い名女優たちの名前もあがった。作品ごとに表情を変えるカメレオン俳優・女優がランクインした今回の調査。寄せられた意見の多くに「面白かった作品には彼らあり」との声があることからも、ヒット作には名バイプレーヤーの存在が欠かせないのは確か。これまでに主人公目線で観ていた作品も、もう一度脇を固める名優たちに注力して観ることにより、新たな発見や魅力が見出せるはずだ。

【調査概要】
調査時期:2011年6月24日(金)〜6月30日(木)
調査対象:合計1,000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代の男女各125名)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査


順位 プロフィール CLICK!
写真一覧
主な代表作(一部) 活動
経歴
香川照之  ドラマ『龍馬伝』
 映画『劒岳 点の記』
小日向文世  ドラマ・映画『HERO』
 映画『銀のエンゼル』
生瀬勝久  ドラマ・映画『TRICK』
 『ごくせん』シリーズ
温水洋一  ドラマ『BOSS』
 ドラマ『ウェルかめ』
大杉漣  ドラマ『ゲゲゲの女房』
 映画『ネコナデ』
竹中直人  映画『サヨナラCOLOR』
 映画『Shall we ダンス?』
遠藤憲一  ドラマ『てっぱん』
 ドラマ『湯けむりスナイパー』
桐谷健太  ドラマ『JIN-仁-』
 映画『ゲロッパ!』
岸部一徳  映画『死の棘』
 映画『必死剣鳥刺し』
荒川良々  映画『全然大丈夫』
 『真夜中の弥次さん喜多さん』

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部(ランキング販売について)までお願いいたします。


 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。