ORICON キャリア

現在地:オリコンキャリア>転職・派遣関連ニュース

2006年01月24日 09時00分
1位のTBS・安住紳一郎 (C)ORICON DD inc. 
3位の日本テレビ・羽鳥慎一 (C)ORICON DD inc. 
4位のフジテレビ・軽部真一 (C)ORICON DD inc. 

好きな男性アナウンサーランキング、トップにはあの人が!

 今やあらゆるテレビ番組で大活躍! タレント顔負けのトークをこなし、その人気ぶりは固定ファンを持つほどとなった人気男性アナウンサー。そんななか「ORICON STYLE」では、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】による『好きな男性アナウンサー』のインターネットアンケート調査を実施し、そのランキングを発表した。

 その結果、女性編、男性編、総合を完全制覇し、2位に大差をつけてトップに輝いたのは、TBS系バラエティ番組『さんまのスーパーからくりTV』でおなじみの安住紳一郎アナだ。現在、『ぴったんこカン・カン』、『金曜日のスマたちへ』などバラエティ番組で大活躍中の彼だが、やはり『さんまの〜』での大ブレイクから世代男女問わず認知度、人気度を押し広げ、圧倒的な支持を受けていることがわかった。

 若年層からは「おもしろいし、健気な感じ」(東京・女子高校生)、「すごく頑張っている姿に好感が持てます」(東京・女性 専・大学生)など、彼の持つ独特な雰囲気と人間味に好感を得ている声が多い。一方、年齢の高い層からは「歯に衣きせぬようなコメントをさらっといって、それでも許せてしまう小気味良さが良い」(愛知・女性40代)、「はっきりものをいうところが、気分がいい」(大阪・男性40代)など、その言動から好感を得ているとする声が目立つ。
 そして、全般的に多いのは「ユーモアがある、おもしろい」とする回答。他の男性アナを寄せ付けない好印象を視聴者に与えている安住アナだが、「安心して見ていられる。バラエティからきっちりした番組までこなせる。早口ではなく、ききとりやすい。声の質も良く、心地よい」(神奈川県・男性40代)など、多方面の活躍も広く認知されているようだ。

 続いてランクインしたのは、フジテレビの渡辺和洋アナと日本テレビの羽鳥慎一アナ。『笑っていいとも!(水曜日)』や『ワッツ!? ニッポン』(土曜日午前中の情報番組)などでの活躍で、人気上昇中の渡辺アナは、女性からの厚い支持を受けて総合2位にランクイン。
 一方、『ズームイン!!SUPER』や『ぐるぐるナインティナイン』などでおなじみ、ニュースからスポーツ、バラエティ番組まで幅広くこなす羽鳥アナは、女性、男性ともに高い支持を集め、総合3位にランクインした。

 総合4位は『めざましテレビ』で活躍中、フジテレビの軽部真一アナ。「にくめない、蝶ネクタイ姿が好き、なんとなく落ち着く」など、他アナとは毛色の異なる声を集め、意外な(?)人気ぶりをみせてのランクイン。音楽への知識を評価する声も寄せられた。

(2006年1月16日〜20日、中高生、大学生、20代社会人、30代、40代男女の各セル100人、計1000人にインターネット調査したもの)

◆歴代の『好きな男性アナウンサーランキング』結果
⇒ 第1回第2回第3回第4回第5回第6回

◆歴代の『好きな女性アナウンサーランキング』結果
⇒ 第1回第2回第3回第4回第5回第6回第7回

◆歴代の『好きな天気キャスター/気象予報士ランキング』結果
⇒ 第1回第2回第3回第4回|第5回第6回第7回


順位 名前 所属
安住紳一郎 TBS
渡辺和洋 フジテレビ
羽鳥慎一 日本テレビ
軽部真一 フジテレビ
安東弘樹 TBS
三宅正治 フジテレビ
笠井信輔 フジテレビ
伊藤利尋 フジテレビ
川端健嗣 フジテレビ
福井謙二 フジテレビ
 

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

英会話スクール/英会話教室ランキング

キャリア特集 一覧

【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール
【働きビト】Vol.16 長澤まさみ“頑張りすぎない”働き方のルール

女優の長澤まさみが、映画『アイアムアヒーロー』で念願のアクションに挑戦。撮影の裏側はもちろん、デビュー17年目を迎えた今いい意味で「なるべく適当に」が自分ルールになっているという、彼女の“仕事との向き合い方”にも迫った! 

【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意
【働きビト】Vol.15 アミューズの“落ちこぼれ劇団”10周年の決意

赤字になったら即解散という厳しいルールの元、活動する大手事務所・アミューズの“落ちこぼれ”演劇集団・劇団プレステージ。暗黒時代を味わったメンバーが語る、地道にキャリアを積むことの強み。そして、節目に思う新たな危機感とは?

嬉野雅道
【働きビト】Vol.14 嬉野雅道、『水曜どう』に出会って感じた仕事のおもしろさ

北海道発の人気ローカル番組『水曜どうでしょう』のカメラ担当ディレクター・嬉野雅道。御年56歳、『どうでしょう』との出会いは、一介のサラリーマン人生にどんな影響を与えたのか? 出演陣との関係性や番組成功の裏側にも迫る!

ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【働きビト】Vol.13 演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチの作品作りの源泉

ドラマ『怪奇恋愛作戦』(テレビ東京系)で、連ドラのシリーズ監督に初挑戦するケラリーノ・サンドロヴィッチ。52歳にして新たな試みに挑む彼の、長年に渡り第一線で活躍し続ける仕事への向き合い方とは…?

豊川悦司
【働きビト】Vol.12 豊川悦司が語る、過酷すぎる山岳ロケの裏舞台

俳優・豊川悦司が、木村大作監督の最新作『春を背負って』撮影のため、1ヶ月半に及ぶ過酷な山岳ロケに参加。壮大な立山連峰に響きわたる、木村監督の「バカヤロウ」の怒号に、ベテラン俳優が感じたものとは?

大泉洋
【働きビト】Vol.11 大泉洋の仕事論「どんなにボロボロでも続ける美学」

北海道のローカルタレントからスタートし、今や年に何本も主演作が公開されるなど、押しも押されもせぬ人気俳優となった大泉洋が登場! 主演作の映画『青天の霹靂』の撮影秘話や、役者を「辞める覚悟はできている」という仕事への覚悟まで、大泉らしい役者論を語りつくす。